大阪市福島区福島5-17-21 福島クリニックモールⅡ(池田ビル)2階電話番号

やました歯科医院

MENU

ブログ

Blog

お子さんの歯ブラシの交換時期

Pocket
LINEで送る

歯ブラシはいつ頃に交換をされていますか?

 

あるメーカーの調査では、大人は平均7回/年だそうで、だいたい2か月弱は使用していることになります。

「毛先がひらいた時は交換」とみなさんよくご存じかと思います。

しかしながら、下の表はあるメーカーの研究報告です。

驚くことに、少し毛先がひらいただけで、汚れを落とす効率が大きく下がっています。

いつもと同じように歯磨きをしても、毛先がひらいた歯ブラシではしっかり磨けないことが分かります。

これではせっかく歯磨きをしても、むし歯、歯周病になってしまうリスクがありますよね。

 

歯ブラシも使用するにしたがって、毛の部分の弾力が失われてゆきます。

そのため、上の表のように汚れを落とす効率が低下してゆきます。

歯ブラシの交換時期は毛先がひらいた時、もしくは

1か月(4週間)を目安に交換することをお勧めします。

月が変われば交換と目安にするのも一つですね。

 

現在、広く推奨されている歯磨きの方法は、スクラッピング法といいます。

鉛筆やペンを持つように歯ブラシを持ち、ブラシは歯面に90°に当て、

歯を一本ずつ磨くイメージで小刻みにブラシを動かす方法です。

歯ブラシ、歯磨剤の宣伝広告でも見かけるあの動きです。

スクラッピング法は歯ブラシの毛をしならせることが重要で、毛の部分の弾力が低下すると

先ほどの理由から、清掃効率も低下してしまいます。

 

 

お子さんの歯ブラシの交換はどうされていますか?

小さいお子さんはおうちの方が磨かれるとき、歯ブラシをよく噛みます。

仕上げ磨きの時期のお子さんでも歯ブラシを噛むことはあります。

学童期のお子さんでも、歯ブラシを噛んでいることがあります。

歯ブラシを噛むと、毛先はすぐにひらいちゃいますよね。

もったいないと思われますが、

毛先がひらいたと感じれば、1か月経っていなくても交換時期です。

 

 

さらに、お子さんの仕上げ磨きですが、ついつい歯ブラシを噛んでしまう場合、

お子さん用と仕上げ磨き用の2本ご用意されてはいかがでしょうか。

仕上げ磨き用の歯ブラシは下の写真のようなものがあります。

仕上げ磨き用歯ブラシの特徴

・ブラシ(毛)の密度が高く、コシが適度にある

・ヘッドが小さく、奥まで届きやすい

・大人が持ちやすい長めの柄

 

 

歯ブラシは、歯とお口の健康を守る歯磨きに必要なものですし、定期的に交換が必要です。

つい忘れてしまう、まだ使える、歯ブラシ交換のタイミングが分からないなどがありましたら、

毎月の始めなどでの定期的な交換を心がけましょう。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ