〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島5丁目17−21 福島クリニックモールⅡ 池田ビル 2階06-6453-8245instagram

大阪市福島区福島駅の歯医者【やました歯科医院】

MENU

ブログ

Blog

暑さに負けない食生活!食育からみたお口の中

こんにちは 大阪市福島区のやました歯科医院です

 

梅雨明けとなりました。

これから夏本番。気温や湿度が高くなると体温調節のために汗をたくさんかきますよね。

また、暑い夏は食生活も乱れやすく、夏バテの原因にもなりますよね。

(当歯科医院の特徴やコンセプトはコチラをご覧ください⇒https://yamashita-dnt.com/ )

 

今回は暑さに負けない食生活という食育の観点からお口の中のことを考えてゆきますね。

 

暑い季節、冷たいものを口にしますし、空調の効いた部屋にいることが多くなります。

特に近年の酷暑で熱中症対策として、水分補給とクーラーの適宜使用が推奨されています。

 

だからと言って、冷たいものの取りすぎ、ずっとクーラーの効いた部屋にいると

体がだるくなりますよね。

お子さんは特に夏休みとなると生活が乱れがちになることもあります。

 

暑さに負けない食生活

バランスの良い食事をとる

夏場はエネルギー消費が増えるので、代謝に必要なビタミンB群が不足しがちになります。

食事からビタミンB1を補給しましょう。

   

胚芽米・豚肉・うなぎ・枝豆・ごま など

 

 

冷やしすぎに注意する

冷たいものをとりすぎると、お腹の調子も崩しがちになります。

飲み物の温度は5~15℃が適温とされています。冷やしすぎに注意をしましょう。

また、クーラーの効いた部屋に長時間いると体がだるくなりますよね。

外で体を適度に動かすことも夏バテ予防によいそうです。

 

 

水分の摂り方に注意する

糖分の多いジュースや炭酸飲料は水分の吸収が悪くなります。また、一度にたくさん

飲むと消化器官に負担がかかり、食欲もなくなります。少量をこまめに飲むようにしましょう。

タイミング:喉が渇いたと感じる前にこまめに飲みましょう

水かお茶がよいとされています。汗を多くかいたときはスポーツドリンクも有効です

※ただし、飲み方に少し注意が必要です

過去ブログもご参照ください→水分補給とむし歯 小児歯科、こどもから大人まで

ちなみに嗜好品ではアルコール飲料は水分に含まれませんのでご注意を。

 

 

夏野菜を食べる

旬の夏野菜にはビタミンなどの栄養素がたくさん含まれています。

体の熱を取り、冷やしてくれるので体に美味しくてやさしい食材です。

また、水分もたくさん含みますので、水分補給にもなります。

   

ナス・カボチャ・トマト・きゅうり・とうもろこし など

是非とりいれたいですね

 

暑さに負けない食生活を食育からみてみました。

夏バテ、熱中症予防のためにも、またお口の健康増進のためにも

適切な水分補給、規則正しい生活や食生活を心掛けたいですね。

(当歯科医院の特徴やコンセプトはコチラをご覧ください⇒https://yamashita-dnt.com/ )

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ