〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島5丁目17−21 福島クリニックモールⅡ 池田ビル 2階06-6453-8245instagram

大阪市福島区福島駅の歯医者【やました歯科医院】

MENU

ブログ

Blog

金属アレルギーと歯科治療の意外な関係

こんにちは 大阪市福島区の やました歯科医院です。

 

金属アレルギーと歯科治療には見逃せない関係があることをご存知でしょうか。

 

今回は金属アレルギーと歯科治療の関係、金属アレルギーの方の歯科治療について

説明してゆきますね。

 

アレルギーの詳しい内容はコチラのブログも参照ください⇒金属アレルギーと歯科治療 アレルギー反応って?

 

金属アレルギーは腕時計、ピアス、ネックレスなどの装飾品などで引き起こされる「接触皮膚炎」ですが、

歯科治療で使用される金属でもアレルギー症状が出現することがあります。

腕時計、ピアス、ネックレスの場合、汗などを介して金属イオンが溶けだすことでアレルゲンが

体内に侵入して接触皮膚炎が引き起こされます。

 

お口の中の金属は常に唾液に晒されており、詰め物や被せものの金属イオンが溶けだして

体内に侵入します。その金属イオンが体内のタンパク質と結合し、アレルゲンに変質することで

金属アレルギーを引き起こすとされています。

   

これには数年かけてアレルギー反応が生じるとも言われており、アレルギーの原因が歯科治療時の

金属によるものか気が付きにくい原因となります。

 

従来、歯科治療には多くの種類の金属が使用されてきました。

金属は耐久性があること、比較的安価であること、歯の複雑な形態を再現できるなどがその理由です。

その反面、審美性に劣ること、金属によっては毒性があるもの、金属の値段の高騰

(貴金属、レアアースなので)などから他の素材に移り変わってきています。

 

なかなか治らないアレルギー症状(掌蹠膿疱症、全身性の掻痒や紅斑、難治性慢性の湿疹など)が

あるという方は、お口の中に金属製の詰め物、かぶせものが原因かどうか、

一度詳しく診てもらうのも一つかもしれません。

 

歯の治療に関して、金属アレルギーがある場合、健康保険の適用が可能なケースがあります。

それにはまず、お口の中にどのような種類の金属があるのかを確認します。

(残念ながら詳細な構成成分等は分かりません)

 

そして、皮膚科などのアレルギーの専門医による診査、検査を受けてもらい、確定診断をつけます。

(どのような種類の金属に対してアレルギーがあるのかを診断してもらいます)

そのため、専門医による確定診断が必要となります。

 

アレルギーの原因となるような詰め物、被せものの除去とその後の修復方法を検討します。

修復方法は現在、非金属製のものが保険適用できるものが増えてきました。

例えば被せものですが、殆どすべての歯において、歯と同じような色調で、

セラミックと樹脂のハイブリッド型の素材が使用できるようになっています。

また、樹脂の詰め物ですが、耐久性、審美性に優れたものが開発され部分的な

詰め物であれば金属と置き換えることが可能なものとなっています。

(ただし大きさには限界はあります)

 

やました歯科医院では、歯科の金属によるアレルギーの治療にも対応しております。

(金属アレルギーの確定診断には皮膚科医などの専門医の受診が必要になります)

健康保険が適用きる内容から、健康保険外(自費診療)にも対応しておりますので

お悩みの方は一度ご相談くださいませ。

 

(当歯科医院の特徴やコンセプトはコチラをご覧ください⇒https://yamashita-dnt.com/ )

大阪市福島区 やました歯科医院 助産師がいる歯科医院

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ