〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島5丁目17−21 福島クリニックモールⅡ 池田ビル 2階06-6453-8245

大阪市福島区福島駅の歯医者【やました歯科医院】

MENU

ブログ

Blog

非常事態宣言後の歯科診療

Pocket
LINEで送る

新型コロナウイルス感染拡大防止のための非常事態宣言が5月に解除されました。

 

しかしながら、宣言解除=リスクがゼロ というわけではありませんので、

 

感染の第2波、第3波も含めて、引き続き警戒が必要と言われています。

 

非常事態宣言中は、新型コロナウイルス対策もおこなっていましたが、今回は非常事態宣言解除後の

 

当医院の対応をまとめましたので、受診の際にご参考ください。

 

 

来院された時

・体調確認:問診表への記入、検温など

→体調の不具合がないかを口頭で確認させていただきます。

・飛沫感染対策:簡易的にビニール製のシールドを設置

→視認性がよく、清掃が容易なアクリル製パーテーションへ変更します。

・受付スタッフは常時マスクを着用します。

 

医院内の換気

・窓を常時開放

→梅雨時期、夏季はエアコン使用に伴って窓を閉めますが、1時間毎に換気をおこないます。

・埋め込み型換気扇、空気清浄機およびサーキュレーターの使用をより強化します。

 

従事者および診療時の対策

・個人防護具(マスク、グローブ、ゴーグル)の使用に加え、状況によっては

フェイスシールド、ガウンを使用します。

・使用する器具機材:洗浄滅菌をおこない、常に清潔な状態で使用します。

・エアロゾルが発生する処置の場合、お口の中を吸う器具は従来の1つから、2系統に増やして対応します。

(お口の中の吸引を増やすと、唾液や治療の水が溜まることを低減し、エアロゾル化を防ぎます)

・口腔外吸引装置も適宜使用します。

・診療終了後は診療台(チェアー)、術者が触れる部分を含めて、すみずみをアルコール製剤で清拭します。

 

 

当歯科医院は、開業当初から標準予防策を基本指針とした感染対策に力を入れております。

標準予防策(スタンダートプリコーション)は、感染の有無に関わらず、すべては感染の可能性が

あることを前提に対応する考え方です。

標準予防策を実施することで、当医院はあらゆる感染源(各種肝炎ウイルス、HIV、インフルエンザウイルス、

ノロウイルス、ロタウイルスなど)に対応できる水準にあります。

 

 

歯科医療を提供する環境を整える方針としては、従来からの標準予防策に加えて、

今後の研究でさらに出てくるであろう新型コロナウイルスへの対処方法に対応してゆきます。

 

 

現状では、飛沫感染と接触感染を予防し、さらに3密を避けることが重要となります。

そのためにも、換気に気を付け、歯科医院内が密にならないように配慮してゆきます。

 

 

今後も環境を整えて参りますので、どうか安心して受診してくださいませ。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ