〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島5丁目17−21 福島クリニックモールⅡ 池田ビル 2階06-6453-8245

大阪市福島区福島駅の歯医者【やました歯科医院】

MENU

ブログ

Blog

ウイルス対策 チェアーの整備

Pocket
LINEで送る

新型コロナウイルスが大きな社会問題となっております。

 

これまでご紹介してきました器具、機材は患者さんごとに消毒、滅菌をおこなっています。

それでは、皆さんが座られるチェアー(歯科用ユニット)はどのような準備をしているのでしょうか。

今回はチェアーに関してご紹介します。

 

チェアーは大型の医療器具で、チェアーそのものを丸洗いすることはできません。

私たち歯科医療従事者が触れる部分、患者さんが触れる部分は特に対策が必要となります。

 

私たち歯科医療従事者が触れる部分には写真のように専用のラッピングを使用します。

 

 

風や水を出す機械(スリーウエイ)の先端はディスポーザブル(患者さんごとに廃棄)としています。

 上がディスポーサブル 下が従来のスリーウエイ

 

治療が終了しましたら、これらを交換します。

そして患者さんをお迎えするために、治療時に触れていない部分も含めて、チェアーのすみずみまで

アルコールを含んだ専用の清掃シートで清拭(拭き掃除)をします。

 

 

新型コロナウイルスが社会問題となっていますが、感染対策は常におこなうことです。

当医院では、アメリカのCDC(疾病管理予防センター)が勧告する、

スタンダートプリコーション(標準予防策)というガイドラインに準拠した感染対策を取り入れています。

 

皆さんが安心して、気持ちよく治療を受けていただけるようにさまざまな対策をとっております。。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ