大阪市福島区福島5-17-21 福島クリニックモールⅡ(池田ビル)2階電話番号

やました歯科医院

MENU

ブログ

Blog

妊婦さんの姿勢 ~仰臥位低血圧症候群~

妊娠中期から後期になると子宮は羊水、胎児の増大によって、お腹はかなりの重量となります。 寝るときの姿勢もなかなか定まらないのもこの時期ですよね。     仰向けの体勢でいると、心臓がドキドキ、気分不良、吐き気、冷や汗、顔面蒼白、 はたまた意識が遠くなるなどの経験はありませんか?   これは「仰臥位低血圧症候群」によって引き起こされた症状と考えられます。   ...

続きを読む

てんかんと歯科治療

「てんかん」は突然意識を失って反応がなくなるなどの「てんかん発作」を繰り返し起こす病気です。 その原因、症状は人により様々で、乳幼児から高齢者までどの年齢層でも発病する可能性があり、 患者数も1000人に5~8人(日本全体で60万~100万人)と、誰もがかかる可能性のある、 ありふれた病気の一つです。(厚生労働省 みんなのメンタルヘルスより)   脳の神経細胞(ニューロン)は電気的活動(...

続きを読む

胃食道逆流症と歯の関係(酸蝕症、歯ぎしり)

胃食道逆流症という病名を聞いたことはありますか?   胃食道逆流症(GERD:ガードとも呼ばれています)は、 主に胃の中の酸が食道へ逆流することにより、胸やけ(みぞおちの上の焼けるようなジリジリする感じ、 しみる感じなど)や呑酸(酸っぱい液体が上がってくる感じ)などの不快な自覚症状を感じたり、 食道の粘膜がただれたり(食道炎)する病気です。胸が詰まるような痛みを感じたり、 のどの違和感や...

続きを読む

妊婦さんと歯科治療 まとめ

こんなお悩みはありませんか? ・出産前までに歯科受診したほうがいい? ・つわりがつらくて歯磨きができない。 ・歯科受診や治療はお腹の赤ちゃんに影響はないかな?   行政は妊娠中に一回、妊婦さんの無料歯科健診を実施しています。 今までのブログでも紹介していますが、やはり妊娠中を通して、お口の健康を保つ必要があります。   いろいろな疑問があると思いますので、よくある疑問、質問と答...

続きを読む

歯の外傷(ケガ)その1

歯に大きな力がかかった時、歯が欠ける、折れる、あるいは抜けるということを 「歯の外傷」と呼んでいます。   今回は、歯の外傷についてお話を進めてゆきますね。   小さなお子さんであれば、転倒、転落、机や壁にぶつかる、あるいは他のお子さんとの 衝突などが原因として挙げられます。 学童期であれば、スポーツ中にボール等が顔(歯)にぶつかることも原因となります。 その他に交通事故、暴力...

続きを読む

スポーツ飲料とう蝕

まだまだ暑い日が続いていますが、台風シーズンがやって来ました。 さらに新型コロナウイルスのこともあり、体調管理には何かと気を遣っておられると思います。   小学校でも、酷暑が続いているため、学校にスポーツ飲料を持参することも可能になっているようです。   スポーツ飲料ですが、う蝕とは無関係ではありません。 今回は、スポーツ飲料とう蝕の関係をお話してゆきますね。   ス...

続きを読む

受付のヒミツ 9月

まだまだ暑い日が続きますね。   9月は台風シーズンでもありますので、新型コロナウイルス同様、 天候にも引き続き注意が必要ですよね。   さて、「受付のヒミツ」ですが、 9月に入りましたので、今月も少し模様替えをしました。   今回も少しご案内。     森の歯医者さん うがいをしています。        ...

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ