大阪市福島区福島5-17-21 福島クリニックモールⅡ(池田ビル)2階電話番号

やました歯科医院

MENU

ブログ

Blog

助産師相談室 開始のご案内

助産師相談室が始まりました。   マタニティー歯科は、妊婦さん、お腹の中にいる赤ちゃん、産婦さんのための歯科医療です。   しかしながら、歯科医療者だけでは対応が難しい、歯科にまつわる妊産婦さんの疑問、 お悩みなどがあります。助産師相談室は、当医院の顧問助産師がチームに加わり、 一緒に解決することを目的としています。 お母さんのため、赤ちゃんのためにも是非、ご利用くださいませ。...

続きを読む

妊娠中は歯周病になりやすい? ~予防をするには~

前回のブログでは、妊娠中は歯周病になりやすい、そのメカニズムについてお話をしました。 今回は、予防と治療を中心にお話を進めていきますね。   妊娠中にお勧めしたいお口のケア 歯周病予防のためにプラークコントロールは大切ですが、つわりなどで思うようにケアができない ことがあると思います。そのような場合には、無理をしない範囲で歯周病を予防する次の方法をお勧めします。   1)体調、...

続きを読む

新型コロナウイルス(COVID-19)対策

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止には引き続き警戒が必要な状態です。   現在、やました歯科医院が行っている対策をご案内いたします。 最新情報を元に、感染対策も日々変化しますので、来院の際にご参考いただければ幸いです。   患者さんの来院に際して ・待合室が密にならないように、診療の予約を調整しています。 ・来院時に、体温測定(非接触式)、体調確認を実施していま...

続きを読む

医院内の表示のヒミツ

当歯科医院のちょっとしたデザインは、以前のブログでも「受付のヒミツ」としてご紹介しました。   今回は、医院内の表示のヒミツです。   まずはここからです。いきなりで申し訳ありませんが、当医院のトイレサインです。 少し意匠を凝らしています。 当医院は、多目的トイレとしてユニバーサルデザインを採用したつくりとなっています。   次は診療室のサインです。 通常は数字、小...

続きを読む

痛みに配慮をした歯科治療

皆さんは歯科治療にどのようなイメージをお持ちでしょうか?   さまざまな調査において、「痛い」「怖い」「不安」といったことが多くあげられます。 今回は、「痛み」について考えていきますね。   歯科治療はその特性上、痛み、恐怖、不安を伴う場面が多くあります。 高速で回転する切削器具(タービン)の音、お口の中を洗い流す水(注水)、乾燥させる空気(エアー)、 歯石を取り除く機械(超音...

続きを読む

子供はう蝕になりやすいの?

日本において、う蝕にかかっている人は減少しているとよく言われています。 例えば、子供のう蝕は昔と比べても減少しています。 そこで、厚生労働省が6年毎におこなっている、「歯科疾患実態調査」を参考にみてみましょう。   う蝕がある歯を持つ割合を年代別に過去と現在で比べてみます。 まずは3歳です。 1993年の調査では約60%の子供はう蝕の歯をもっていましたが、これは年々減少し、 2016年で...

続きを読む

受付のヒミツ

当医院の受付には、少しヒミツがあります。   お子さんに少しでも喜んでもらえたらと願い、ある工夫をしています。 ちょうどお子さんの目線の高さから見てください。丸い小窓が3つあります。   実は、この小窓の中にヒミツがあります。 小窓の中に何か見えます。   実はこれ、荷物置き用の棚を利用したディスプレイスペースになっています。   スペースは全部で3つあ...

続きを読む

院内研修会

先日、お世話になっている技工所の歯科技工士さんを講師にお招きして、院内研修会をおこないました。   テーマは「印象体の取り扱い」です。   印象とは、歯の型取りをする作業で、詰め物や被せものの治療時の、あの粘土みたいなものです。 詰め物や被せものは、歯科技工所で歯科技工士が作製する完全なオーダーメイド品です。 患者さんの歯を型取りした後、石こうを注入して模型を作ります。 この模...

続きを読む

妊娠中は歯周病になりやすい? ~歯周病予防が必要な理由~

以前のブログでは、妊娠中は歯周病になりやすい、そのメカニズムについてお話をしました。 今回は、どうして妊娠中の歯周病予防が重要なのかをお話してゆきますね。     妊娠経過と歯周病の関係 1)早産のリスクが高くなる 早産は、正期産(妊娠37週0日から41週6日までの出産)より前の出産のことを指します。 つまり、妊娠22週0日から妊娠36週0日までの出産のことを早産と呼びます。 ...

続きを読む

助産師相談室が始まります

マタニティー歯科を充実するために、顧問助産師による「助産師相談室」を開始します。   産前産後はお母さんの体調、お口の中も大きく変化します。 歯科医療者だけではなく、産前産後のプロフェッショナルである助産師がチームに加わり、 お母さんのサポートをおこなってゆきます。   ネットで検索すれば、さまざまな情報が手に入ります。 ちょっとした質問、疑問などはネット検索で解決することもあ...

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ