〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島5丁目17−21 福島クリニックモールⅡ 池田ビル 2階06-6453-8245

大阪市福島区福島駅の歯医者【やました歯科医院】

MENU

ブログ

Blog

助産師相談室 便り

Pocket
LINEで送る

やました歯科医院 助産師相談室を担当しています顧問助産師の山下真由美です。

 

どうして、歯科医院なのに助産師が? と思いになる方もいらっしゃるかもしれません。

以外かも知れませんが、歯科医療と助産師はお互いの専門性を活かしながら、

多くの場面で協力しながら妊産婦さん、お子さんのケアをすることができます。

 

特に有効的なもの

・妊娠中および産後の口腔ケア

・出産後では、母乳育児を継続しながらお子さんをう蝕にさせないための口腔ケアなど

 

過去のブログでもご紹介しています妊娠と歯周病の関係、お腹の赤ちゃんとお母さんの

お口の中との関係など、これらは歯科と助産師がチームとなって対応することが効果的です。

 

近年、これらはマタニティー歯科と称され、お腹の中の赤ちゃんについては

「0歳からの歯科受診」として、妊産婦さんの歯科受診を応援しています。

 

このマタニティー歯科ですが、助産師が関わることはまだまだ少ない状況です。

歯科医師でも歯科衛生士でもない立場から妊産婦さんにアプローチできればと思っています。

 

 

今回のブログでは、さらに、助産師ならではの相談・ケアについてご案内しますね。

 

出産後のお困りごと、相談事で多いことは「産後の母乳育児に関すること」と言われています。

 

一般的には「母乳外来」として助産院、産婦人科などで対応することになります。

 

やました歯科医院 助産師相談室ではおっぱいに関することにも対応します。

たとえば・・・

 母乳の出が悪い

 赤ちゃんが上手に吸ってくれない

 母乳をあげているのに赤ちゃんの体重が増えない

 おっぱいが詰まってしまった

 乳腺炎になったかもしれない

 白斑ができている

 母乳が出すぎて困っている

 赤ちゃんの正確な体重を知りたい

 母乳が足りているかどうかを知りたい

 おっぱいの分泌を増やすマッサージをしてほしい

 断乳、卒乳をしたい

もちろん「母乳育児が辛い」「母乳をやめたい」などの悩みも対応しています。

これら母乳に関する事は、その後の離乳食など、赤ちゃんのお口の健康にも関わってきます。

そう何度も体験することのない 赤ちゃんの育児。

「あなたの はぐくむチカラ」をサポートできるよう身近な助産師として、

地域のお母様と赤ちゃんのために頑張ります。

どうぞよろしくお願いたします。

 

※やました歯科医院 助産師相談室では分娩、妊産婦の定期健診はおこなっていません。

妊産婦のお口の健康維持、増進を図りながら、妊産婦のお悩みに寄り添うことを目的としています。

状況に応じて専門医療機関の受診を勧めることもあります。

 

#母乳外来
#母乳育児

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ