〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島5丁目17−21 福島クリニックモールⅡ 池田ビル 2階06-6453-8245instagram

大阪市福島区福島駅の歯医者【やました歯科医院】

MENU

ブログ

Blog

赤ちゃんを迎える パパのための準備講座その4

大阪市福島区のやました歯科医院

助産師相談室の助産師 山下真由美です。

 

(当歯科医院の特徴やコンセプトはコチラをご覧ください⇒https://yamashita-dnt.com/ )

 

これから赤ちゃんを迎える新米パパ必見!準備講座の4回目です。

前回のステップ1「生まれたての赤ちゃんはどんな感じかを知る」の

つづきを述べていきますね。

前回のブログはこちら

赤ちゃんを迎える パパのための準備講座③

赤ちゃんを迎えるパパのための準備講座②

 

赤ちゃんはとにかくおっぱいが好き。けどおっぱいが上手く飲めるとは限らない。

こんなこと聞いたことありませんか?

「赤ちゃんはお腹の中にいるころから、おっぱいを飲む練習をしている。」

「赤ちゃんは生きていくために、本能的におっぱいを吸うことができる。」

その通りなのです。

 

おっぱいは赤ちゃんの命のもとですから、飲めないと死んでしまいます。

ですから、おっぱいをすうことは生きていくための本能として備わっているはずです。

ところが、意外とそれは当然のことではないのです。

 

出生した週数の浅い赤ちゃん、産まれてくるときにストレスが大きかった赤ちゃん、

少し口が小さめの赤ちゃん、少し舌が短めの赤ちゃん、まだコツがつかめていない赤ちゃん

出生後に医療的ケアが必要な赤ちゃん

こられにプラスして、母親の母乳分泌の具合、乳頭の痛みなどもあり、

最初は母乳育児がうまくいかないケースも多いのです。

(詳しくは母乳育児をエンジョイするための事前講座②を参考にしてください)

母乳育児をエンジョイするための事前講座~母乳育児のリアル②

 

入院中は赤ちゃんやお母さんの状態に合わせて助産師が授乳指導を行っていきますが、

入院中だけではうまくいかない場合ももちろんあります。

だからといってあきらめる必要は全くありません。

根気よく練習をすることでうまくいく場合もたくさんあります。

これらのノウハウを助産師は持っています。

しかし、お母さまは産後のホルモン変動も相まって、

落ち込んだり、へこんだり、ウツっぽくなったり・・・パパさん方、想像つきますよね。

 

ここで、お母さまからよく聞く、

産後に夫や家族に言われて傷ついた言葉~母乳育児編~を紹介しましょう。

「ほんとにおっぱい出てるん?」

「なんで吸われへんの?」

「そんなに痛いもん?」

「赤ちゃんってみんな吸えるもん違うん?」

「なんで?ミルクにしたらいいやん」

は?こっちが聞きたいわ!とキレるタイプのお母さまもいますが、

否定されたと孤独な気持ちになってしまったり、

私が悪いと更に落ち込んでしまうタイプのお母さまも・・・

 

この時期のお母さまの心理状態はとっても敏感で、

その一言を、一生根に持っている人もたくさん知っています。

では、どのような態度でいればいいのでしょうか?

 

それは、「その時のお母さまの気持ちに寄り添う」これだけです。

アドバイスもいりません。励ましもいりません。

 

その時のお母さまの気持ちとちぐはぐであればかえって逆効果になります。

母乳育児に集中できる環境を作って(それ以外の家事はやらなくていいように)

休息と栄養を提供して見守る

なかなか難しいですが、母乳育児を成功させるには、周囲の理解と協力は必須です。

是非覚えておいてほしいと思います。

 

産院を退院してから、母乳育児に迷ったり支援が必要なときは、

地域で活動する助産師にお声かけください。

やました歯科医院の助産師相談室では、お母さまの気持ちに寄り添った支援をする準備があります。

 

(当歯科医院の特徴やコンセプトはコチラをご覧ください⇒https://yamashita-dnt.com/ )

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ